2015年3月1日日曜日

『大学生のためのリサーチリテラシー入門: 研究のための8つの力』


大学生のためのリサーチリテラシー入門: 研究のための8つの力
大学生のためのリサーチリテラシー入門: 研究のための8つの力

この本は大学での学習に必要な8つのスキルが詳しく説明された本で、初年次向けではなく大学2・3年生向けに具体性をもって書かれた本であるところが特徴です。
(8つのスキル:「聞く力」「課題発見力」「情報収集力」「推報整理力」「読む力(読解力)」「書く力(執筆力)」「データ分析力」「プレゼンテーション力」)

まずはじめに、8つのスキルの習得に役立つ3つのキーワード(「メタ認知」「心の理論」「クリティカルシンキング」)が説明されてるところも他の類書とは異なるところだと思います。この3つは、大学での学習に限らず実生活や社会に出て働く際にも役立つだろうなと思いました。

8つのスキルについてはそれぞれ具体的に書かれており、特に「読む力」と「書く力」が表裏一体の関係にあることがよくわかりました。学術的文章を書くためにはその構造を知っている必要があり、また読む際にはその構造を前提にすれば読み解きやすく、また矛盾があれば気づけるということです。

他には情報の見つけ方だけでなく、それをどう選ぶかについても一定の知識が示されていました。

全体的に、具体的であることと、研究に必要な一連のスキルを網羅している点で大変役立つ本だと思いました。











0 件のコメント:

コメントを投稿

声の力

もうすぐ3歳の姪っ子に会い、(せがまれて)やはり絵本を読みました。 絵本を読んでいると、姪っ子も、 ごにょごにょと 一緒に読んで くれてとっても心が温まりました。 たまたまその前日、朗読教室を舞台にしたドラマを見たのですが、 それを見てもやっぱり、声の力ってあるな...