2015年9月13日日曜日

『やさしさグルグル』行正り香



元気を出したいときなどにエッセイを読みたくなる。
本屋でこれは、と思ったとおり、素敵な一冊だった。

行正さんは、高校3年でアメリカに留学してそのままアメリカで大学へいくなど、変わった経歴の方。
その後も仕事で世界を飛び回っていたことや、独創的なお母さんの影響もあってか、考え方が柔軟で面白い。

教育に関し、日本ではセカンドチャンスを得にくいとか、考えさせるきっかけがないということも仰っていて、共感。

日本でテストの点がよいということと、社会でたくましく生きていく力を得ているということが、いかに違うか・・と改めて思った。

下記のようなウェブサイトも今は運営されているとのこと。

なるほどエージェント

また、映画や音楽やお酒など、お気に入りのものに囲まれて暮らしている雰囲気が本から伝わってきて、とてもさわやかな気持ちになる本でした~。

0 件のコメント:

コメントを投稿