2015年12月26日土曜日

『職業としての大学教授』潮木守一

この本を読みました。
 
 英米独仏と日本の、大学教員をめぐる諸制度の比較です。

日本の特徴としては、
  • 一大学しか経験していない教員の割合が高い(独では同一大学内での昇進は禁止)
  • 大学教員になる際、その大学の採用試験以外の、共通の資格試験などがない(独では論文審査、仏では共通試験がある)
  • 教員になってからの評価制度や給与体系が確立されていない(英ではHEFCEが業績を評価し研究費を傾斜配分。米では大学間の給与の差が大きいので競争がおきる)
  • 博士号取得者の、大学教員以外のキャリアパスが少ない(独では企業へ就職の道がある。)
  • 博士課程の学生が在学中に研究や教育により収入を得る方法が少なく、また学費を親が負担する確率が高い(独ではこの時期に研究員として収入が得られる道がある)
とのこと。

その他興味ぶかいと思ったのは、英や仏では教育専門の教員がおり、特にフランスでは高校教員が大学教員になるキャリアパスがあるいうことでした。


どの国の制度も、全体を見ると長所もあれば短所あるようで完全にうまくはいかないのでしょうが、制度面でとりうる選択肢はたくさんあるのだなとわかりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿